北海道銀杏会について
入会異動について
開催行事
部会に関して

 

 

 

 

 

 










赤門ゴルフ会 2011年度新年会の報告

 1月13日(水)、本年度の新年懇親会が当会の総会を兼ねて、センチュリーロイヤルホテル19階「北の路」において午後6時30分から開催されました。

 数日来の大雪で各方面の交通に支障が出ていましたが、定刻までに12名の出席予定者全員がそろって、総会審議から開始されました。冒頭に、山下会長から当 会の発展を期す年頭挨拶があり、次いで会則ならびに細則の内容点検が全面的になされました。特筆すべき変更内容は次の2点であります。

ここ数年間、年間経常収支が赤字化して、繰越金残高が漸減している状況を改善するため、例会費を値上げすることが決定されました。また、年間総合表彰制度が定着するとともに1ポイント差の接戦が続いていることから表彰対象を1位から5位まで拡大することが決められました。


 次に、これまで2年間常任幹事を務めた和田氏から「次期常任幹事の就任依頼を1年越しで努めてきたところ、荻谷氏に受けていただけそう」と紹介があり、出席者の賛同をえて、荻谷氏に会則第8条による常任幹事の委嘱が行われました。

早速、荻谷常任幹事から就任挨拶とともに、本年度年間スケジュール案が発表されました。第1回は5月7日()12:00pmから札幌芙蓉CCが予定されており、その後の詳細は若干の調整の後に、前記の会則等の変更内容とあわせて常任幹事より会員各位へ正式連絡がされることになります。


 総会の締めにあたって、2年の長期間にわたって常任幹事の務めを果たされた和田氏へ、感謝の気持がこめられた満場の拍手が送られました。


 懇 親会は、恒例により出席者中の最長老・石井氏の乾杯で始まりました。宴もたけなわのなか、多士済々な顔ぶれから近況報告がなされ、地元の政治経済にとどま らず国内外から地球規模の展望まで語られました。締めの挨拶が、昨年度年間優勝の栄に輝いた和田氏によってなされた後、東大応援歌「ただ一つ」を全員で斉 唱し、若手のホープ田中氏による一本締めでお開きとなりました。


 


以上

昨年度最終幹事 廣川和男 寺井隆太郎 

  Homeへ戻る